治療にあたって

トップ医学の隙間を埋める手技 > 身体のメッセージを受け取る > 治す主体は患者さん自身

治す主体は患者様自身

繰り返しになりますが、天王寺ローリング健康センターでは「身体を治すのは患者様自身」であり、療法士とは「そのお手伝いをする」存在であると考えています。ローリング療法を通して行うことは体表に現れた「硬結(こうけつ)」「擽感(りゃっかん)」「うっ血(うっけつ)」を読み取り、それを適切な「ドーゼ(最適な力加減)」によって整え、滞っていた血液循環を在るべき姿へと戻します。

その結果、体中に豊富な酸素と栄養素を含んだ血液が循環をはじめ、体は元の健康体へと「自力」で戻ろうとしていくのです。

療法士が行えるのはあくまで「滞り」を整える事までです。滞りを整えた後は他でもない「患者様の身体の中」で物事が進んでいきます。つまり、治療の主役とはあくまで「患者様自身」なのです。それゆえに、どんな薬よりも「患者様の気持ち、強い意志」が最も治療効果の高い「薬」となるのです。

天王寺ローリング健康センターでは「絶対に治す!」「症状で悩む前の生活に戻る!」といった患者様の強い意志、気持ちを受け止め、元の健康な体へと戻るまでのお手伝いをさせて頂きます。

また、ローリング治療を通して、「健康」の大切さについて「考えるきっかけ」も患者様にお届けできればと考えています。

ローリング療法とは聞き慣れない言葉だと思いますが、「健康になりたい、健康でありたい」と願う方のお役に立てると確信しておりますので、是非一度治療院にお越しくださいませ。

予約受付時間9時~18時まで